【自己診断】更年期障害の代表的な症状

以下の症状に5個以上あてはまる人は更年期障害の可能性が有ります。更年期障害の正しい知識を身につけて、治療を始める必要があります。

  • めまい
  • 冷や汗が出る
  • 体のが揺るエル
  • 脈拍が速くなる
  • 立ちくらみ
  • 多汗
  • 疲労感
  • 不眠
  • 下痢
  • 便秘
  • 耳鳴り
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 微熱
  • 生理不順

自己診断で更年期障害の可能性があれば、できるだけ早く改善しなければなりません。

まずは、自分ですぐにできる生活習慣の改善、食事療法、サプリメントや漢方などの利用という治療法から始める事をおすすめします。

ただし、注意しなければならないのは更年期障害と似ている症状で、命に関わるような重大な病気がいくつかあります。その見極めは専門医でないと難しいので、体調不良が長引く場合などは医師の診察を受けましょう。

このホームページでは、更年期障害の症状、原因、治療法など更年期障害の基礎的な知識を紹介しています。まずは正しい知識を身につけて自分の体と真剣に向き合ってみましょう。

更年期障害は正しい治療をする事で改善する事が可能

自己診断で更年期障害の可能性がある人は、できるでけ早めに治療を始めましょう。自分でも簡単に始められる対策法がたくさんあります。

更年期障害がひどくなって仕事が続けられなくなったという人もいます。まだまだ働き盛りの年齢で始まる更年期障害は時には深刻な問題になります。

体の強さや健康に自信が無い人は、早い段階から資格などで自分のスキルを高めておく事がおすすめです。女性の人気がある資格など、就職と資格に関する情報なら資格キングを参考に。

更年期障害は比較的長い付き合いになります。あきらめずに気長に継続して対策をすることで必ず改善することができます。