女性ホルモンの減少が様々な症状を引き起こす

更年期障害とは更年期に入る事で引き起こされる症状の事を指します。

更年期とは、40代半ば~50代にかけて、女性ホルモンが減少し月経が無くなり、閉経する事を言います。

この更年期障害は、「閉経」が一番のキーポイントなんです。

女性ホルモンが減少して、月経が止まる。この女性ホルモンは、精神面にも大きな影響を及ぼす物質なのです。

女性ホルモンは、エストロゲンと呼ばれる物質で、女性ならば、一度は耳にした方も多いと思います。

このエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が少なくなるとイライラや憂鬱、発汗や動悸、息切れなど、自立神経失調症を引き起してしまうそうです。

この自立神経失調症も、一度は耳にした事があると思います。

ですが、詳しい病状については、曖昧な方も多いのでは?

普段、よく使われる病名なのですが、明確な判断基準がある訳ではないそうですね。

原因としては、身体的、精神的ストレスが大きな原因の一つの病気です。

更年期障害の症状は、この自立神経失調症の症状と、精神的不安定から来る症状が一番の原因だと言われています。

更年期障害の主な症状はこれだ。

一言で、更年期障害とは、自立神経失調症の症状の事、と言ってもイマイチ、ピンとは来ないですよね。

どういう症状が一番多いのでしょうか?

  • 頭痛
  • ほてり
  • イライラ
  • 肩こり
  • 月経異常(閉経)
  • 漠然な不安感
  • 不眠
  • 性欲、食欲低下
  • めまい

など…

上記の症状が、最も典型的に多く現れる更年期障害の症状です。

あとは、急に太りだした、または食欲がかなり増えた、など…、今までの体の機能が失われる分、色んな所で反動が出てくるんですね。

何にしろ、今まで感じた事のない感情や体の欲求が増えて来たら要注意、という事です。

分かりやすく説明すると、この更年期障害は、精神疾患と同じだと思うんですね。
あくまでも、私の見解ですが…。

更年期障害の症状にも、大きな個人差があります。

私の知り合いの方は、閉経を迎えても、元気いっぱいで、日常も普通に過ごしている方も居ます。

反対に、日常生活に大きな影響を与える程の症状の方も居ます。

人格がまるで変わってしまう人も、多く居るそうです。

ですので、自分の母親や妻が、最近少しおかしいかも?

と、気になり始めたら「更年期障害」について調べてみてはどうでしょうか。