女性ホルモンの乱れが健康を害するので注意

女性は更年期に入る事で、ホルモン分泌が徐々に減少しやがて、閉経を迎えます。

この更年期に起きる、様々な不快な症状のことを更年期障害と言います。

更年期障害の症状が起きる原因の一つには、ホルモンバランスの崩れが指摘されています。

女性にとって、ホルモンバランスが崩れてしまう事は、体調不良や精神面でも、大きく作用してくるものだそうです。

私も、以前に不規則な月経で体調が思わしくなく、婦人科を受診した時に、ホルモン剤を投与された事があります。

女性ホルモン分泌がしっかり行われていないと、うつ病など、気持ちの面にも大きく関係してくる、と言われました。

話は少し逸れますが、女性のうつ病発症率は男性よりも高いみたいですね。

うつ病の発症原因は、主にストレスが原因と言われています。

同じく更年期障害の発症原因も、ストレスが大きく関係しています。

ストレスを感じる事で、神経伝達がうまく機能しなくなりホルモンバランスが崩れてしまう…、このホルモンバランスの崩れが、女性の体調に大きく関係しているのですね。

では、更年期障害とも、密接な関わりはあるのでしょうか?

ホルモンバランスが崩れると更年期障害が発症する。

女性は、ある年齢を過ぎると必ず閉経を迎えます。

閉経を迎えるにあたり、卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌も大幅に減少します。

この女性ホルモンの働きなのですが、少し簡潔に説明しますね。

女性ホルモンの一つである、エストロゲンが大きなキーポイント

エストロゲンの働きにより

  • 女性らしい体を作り出す
  • 子宮が妊娠出来る状態をつくる様に、働きかける
  • 気持ちを安定させる
  • 肥満抑制効果がある
  • 骨を健康に保つ

事が出来るのです。

他には、肌や髪の毛を健康に保つ働きなど…女性にとっては、欠かせない物質なんですね。

更年期に入るとエストロゲン分泌が減った事を脳が感知し、卵巣に女性ホルモンを分泌する様、大きく働きかけてしまいます。

ですが、機能が低下した卵巣は要求に答える事が出来ず…、脳の命令と卵巣の機能のすれ違いにより、「ホルモンバランスの乱れ」が起こってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れにより、神経系に大きく作用し様々な体調不良が症状として現れる事が多いのですね。

更年期障害とホルモンバランスは、やはり大きく関係していたのです。