更年期障害と年齢に関係があるというのは本当か?

更年期とは、卵巣機能の低下、ホルモン分泌の減少に伴う、閉経までの期間の事を指します。

一般的には、40代半ば~50代にかけての女性に、多く発症する病気、との認識がありますね。

この期間に起きる様々な身体的、精神的な不調を、更年期障害と呼んでいるのです。

果たして、更年期障害は年齢とどんな関係があるのでしょう?

最近では、若い人でも更年期と似た症状に悩まされる、といった話しを良く耳にします。

更年期障害は、身体的原因もさることながら、精神面にも大きく作用される病気です。

ストレスが多ければ多いほど、更年期障害の症状を発症しやすくなる傾向にあります。

更年期に入ると、様々な体の機能が低下する事により、自律神経失調症が引き起こされるのです。

20代の人でも、大きなストレス因子があれば、発症する危険性があるって事なのですね。

では、なぜ多くの医学書や専門サイトなどで「発症年齢は40代半ば~50代」と、くくりを付けているのでしょうか?それを説明します。

更年期障害が発症しやすい年齢は?40代 or 50代?

先ほど、20代や30代の若年層の方でも、ストレスなどの原因があれば、更年期障害を発症する…、と説明しました。

では、なぜ一般的に「40代半ば~50代の女性」との認識が強いのでしょう?

40代半ば~50代に入ると、徐々に卵巣の機能が低下していきます。

女性ホルモンの分泌も減少していき、いずれは閉経してしまいます。

この閉経までの、前後10年の期間を更年期と呼び、更年期に起きる様々な症状を更年期障害、と呼んでいます。

これは、女性にとっては、避けては通れない道なのです。

女性は必ず閉経を迎えます。

体が閉経を迎える準備をし始める年齢が40代半ば~50代前半にかけて、という事なのです。

ストレスだけが原因ではなく、身体機能も直接原因して、症状を発症する事、その事を、私達は「更年期障害」と認識している訳なんですね。

若くして、更年期障害と似た症状が出る方も多いそうですが、それはまた、別の話しになります。