20代でも発症する更年期障害。ストレスは健康の大敵です。

更年期障害とは、更年期に起こる様々な体の不調の事を指します。

めまいや体の火照り、動機や息切れ、イライラ感や憂鬱感など…。

そんな辛い更年期の症状の主な原因は、

  • 加齢による、卵巣機能の低下
  • 女性ホルモンの分泌の減少
  • 環境の変化や自身の性格、気質等によるストレス

が、大きな原因として伝えられています。

加齢による原因は、理解出来る所ですが、ストレス等も、更年期障害に関係があるのでしょうか?

更年期に入る女性の年代は、主に40代半ば~50代前半にかけて。

この年代の女性には、日常のライフスタイルや職場の環境など様々な周囲の変化が見られます。

社会的地位の変化から、周囲の環境の変化、人間関係など…、いい意味でも悪い意味でも、変化が多い年代だと考えられています。

卵巣機能の低下により、ホルモンバランスが乱れ、精神的にも大きく作用して来る事は、多く知られていると思います。

その環境の変化に、精神的に追い付いていけずに、知らず知らずの間にストレスとして、留めてしまう事が多いのだそう。

そのストレスこそが、更年期障害の大きな原因の一つとも言えるのでしょう。

ストレスや過労が更年期障害の最大の原因

更年期に入ると、体が閉経へと準備するにあたり、様々な不調が襲って来ます。

倦怠感やイライラ感など、大きな個人差はありますが、酷い人では、人格が変わってしまう程、大きな影響がある人も居ます。

この更年期障害の差は、一体何が関係しているのでしょうか?

更年期は、必ず誰にでも訪れます。従って、閉経も、避けては通れない道です。

多少の不調を感じても、症状が出る人と出ない人の差には、「ストレス」と「過労」が関係していたのです。

ストレスが病気を引き起こすことは、医学でも証明されています。

更年期障害の代表的な症状の一つに、自律神経失調症がありますが、この病気も、ストレスが一番の原因なのです。

また、過労も原因の一つとして言われていますが「過労死」という言葉があるように、体に大きな負担をかける事は、自身にとっても、とても大きなストレスに繋がるのです。

ストレスは神経系に作用し、体の機能をも低下させてしまいます。

精神面的にも、肉体の健康にとってもストレスは禁物なのです。

イライラ感や憂鬱感などは、過度のストレスから来るモノなのです。

更年期に更年期障害を発症してしまうか、否かはストレスや過労も、密接に関係しているという事なんですね。