若年性更年期障害とは何か?

若年性更年期障害とは、更年期以外の若い年代の女性が、更年期障害と同じ様な症状を発症する事を指します。

最近では、20代~30代の女性の「若年性更年期障害」が、とても増えているのです。

主な症状としては、

  • 月経が不順になる、又は止まってしまう
  • 不眠に悩まされている
  • 冷え性に悩まされている
  • ほてりやめまいを感じやすくなった
  • イライラ感や憂鬱感が酷い

など、更年期障害と全く同じ症状が発症してしまうのです。

若い女性の場合、体の不調(特に月経不良)を放っておくと、不妊症にも繋がってしまうのです。

特に、若い女性の場合は、更年期障害の症状が出ても、まだ若いから大丈夫、と我慢してしまう事が多いです。

ですが、月経不順は、れっきとした病気のサインなのです。

甘く見ないで、ぜひ婦人科を受診して下さい。

では、更年期の年代でもないのに、なぜ若い世代で、更年期障害の症状が出るのでしょうか?

何が原因で若年性更年期障害を発症してしまうのか?これを説明していきたいと思います。

若年性更年期障害が発症する原因は?

若年性更年期障害の大きな原因は、ストレスにあります。

女性ホルモンは、実はストレスにとても弱いのです。

ほんの少し、イラっとしただけでも、ホルモン分泌に影響が出るそうですよ。

女性が社会に進出している今日、男性と肩を並べて、仕事をする機会がとても増えましたね。

大きな責任も、感じる事が増えたはずです。

その大きな環境の変化が、多大なストレスとなり、ホルモンバランスの乱れを引き起こしているのです。

もちろん、社会的なストレスだけではありません。

特に20代、30代の女性に多いのが、「ダイエットでのストレス」です。

無茶なダイエットを繰り返すと、これも大きなストレスとなり、女性ホルモンの分泌を止めてしまいます。

体の生存危機管理が働いてしまう結果、月経が止まってしまい、更年期とよく似た症状を発症してしまうのです。

昼夜の活動が逆転して朝起きるのが遅く、夜遅くまで起きている夜型習慣の人も、要注意です。

人間の体は、数千年の歴史と進化の中で、まだまだ昼に活動し夜には休むというのが遺伝子レベルに組み込まれています。

夜に何もしないで起きているだけでも、体にとっては、相当なストレスとなるのです。

上記の様な生活習慣を長期間継続する事が、若年性更年期障害を引き起こす原因となっているのですね。