病院での更年期障害の治療法とは?

病院での更年期障害の治療法は、ホルモン補充療法と、漢方薬やサプリメントなどの投薬治療が一般的です。

この、ホルモン補充療法とは一体何か?

更年期に入ると、女性ホルモンの分泌が大幅に減少します。

この女性ホルモンの減少が原因で、ほてりやめまいなどの、更年期障害の症状を発症してしまう事が知られています。

ホルモン減少で起きる更年期障害の様々な症状を軽減する為、飲み薬や注射などで、女性ホルモンを補う事を、ホルモン補充療法といいます。

注射、飲み薬、貼り薬、塗り薬がありますが、一般的に使用されているのは、飲み薬や貼り薬などですね。

この、飲み薬や貼り薬により、足りなくなった女性ホルモンを、体外から補充する事で、更年期障害の緩和を目指すのです。

では、「女性ホルモンを補充する」と言いますが、これだけでは、あやふやなままですよね。

ホルモン補充治療には、一体、どの様なお薬を使用するのでしょうか?

病院で行われる更年期障害の治療法は、ホルモン補充療法だけなのでしょうか?

更年期障害の治療で、病院で主に使用されるお薬や治療法について、説明していきたいと思います。

更年期障害の治療で使用される薬の種類

病院での更年期障害の治療は、主にホルモン剤を使い治療していきます。

なぜ、ホルモン剤を使用するのか?というと…、女性ホルモンには、エストロゲンやプロゲスチンといった物質が含まれています。

更年期障害は、ホルモン中のエストロゲンが大幅に減少してしまう事で、発症してしまう病気なのです。

この女性ホルモンである、エストロゲンを補う事により、更年期障害の症状が緩和されるのです。

しかし、このエストロゲンだけを補えばいい、とは言えません。

エストロゲンだけを投与し続けてしまうと、子宮体ガンの可能性が高くなってしまうという欠点があるのです。

エストロゲンを投与する場合は、同じ女性ホルモンである、プロゲスチンも一緒に投与するのです。

他には、更年期による骨粗しょう症を防ぐ為のお薬や、うつ症状がある場合は抗うつ剤など…、個人の症状に合わせて、処方されるお薬も変わって来ます。

どうしても気分が晴れない人や、やる気が起きない人には、男性ホルモンの投与などもあるんですよ。

また、これまでに説明してきたお薬は、全て病院で処方されるお薬です。

ご自分の判断に任せず、医師と良く相談した上で、服用する様に心がけましょう。